TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【VR】G4560とGTX1050Tiの組み合わせなら6万円台から始められるVR対応ゲーミングPC

昨年Oculus Riftの要件が緩和されて499ドルのPCでも大丈夫だよって話になった時からずっと「国内で安価にVR環境を整備するにはどうしたらいいんだろう」と考えていたんです。

というのも、噂の499ドルPCと同じパーツで組もうとしてもCPUとグラボだけで予算の大半を使い切ってしまって、お得感が全然ないんですよね。

japanese.engadget.com

これからVRに挑戦する人が実際に組むとしたらどんな構成が良いのかな~と昨年から何度かソロバンを叩いていたんですが、思ったよりPentium G4560がイケてる感じなのでこれを使えば結構安く済むのではないかなと。実際改めて試算してみたら概ね7万円でお釣りがくる感じに収まりました。

続きを読む

【PCケース】Mini-ITX向けコンパクトPCケース Antec ISK-110 VESAがUSB3.0に対応したらしいけれど

型番はISK-110 VESA-U3でISK-110 VESAがUSB3.0に対応しただけのマイナーチェンジ版。以前からISK-110 VESAはMini-ITX向けコンパクトなケースの中でも存在感を放っていたものの、2012年発売とあってUSB3.0に対応していないことが時代遅れ感がありました。

それが今回USB 3.0に対応することでようやく土俵に上がってきた感じです。

続きを読む

【CPU】Pentium G4560の実用性をベンチマークの結果から考える【実機レビュー】

試しに組んだサブ機が快適なのでここ数日はすっかりそちらを使って生活してます。

とはいえ、メイン機を使わないのも勿体ないのでそろそろグラボを戻したいところです。せっかくなので最後にベンチマークを色々取ってみました。

以前のレビューで書いた「G4560でも十分ゲームはプレイ出来る性能」という内容の裏付け的な話になります。

続きを読む

【マザーボード】B250チップセット採用ながらM.2スロットが2つ利用可能なMicroATXマザーボード ASRock B250M Pro4【実機レビュー】

http://www.asrock.com/mb/photo/B250M%20Pro4%28L1%29.jpg

Pentium G4560を検証する際にIntel 200系のM/Bを幾つか物色していたのですが、結構悩みました。チップセットの種類も多いしI/Fも多様化が進んでいてどれがどれやら。あと最近のマザーボードは高いものが多くてちょっと困りものです。

予備機なので正直安ければ何でも良いよと思ってB250のラインナップを眺めていたところ、M.2スロットが2本あるB250M Pro4が気になり買ってしまいました。

ASRock Intel B250チップセット搭載 Micro ATXマザーボード B250M Pro4

ASRock Intel B250チップセット搭載 Micro ATXマザーボード B250M Pro4

続きを読む

【プロジェクター】2017年3月の中華製モバイルプロジェクターPICK UP

久しぶりにプロジェクターの話題でも。

個人的にプロジェクターはモバイルがE05に据え置きはNP510WSJの組み合わせで落ち着いてしまっていてあまり新商品を観測していなかったんですが、やっぱりHDMI使えるモバイル機があると便利かなと思って久しぶりにgearbestを物色していると色々と新商品が出ていることに気が付きました。

tech.hylogics.com

tech.hylogics.com

ただ、新しい製品が幾つか出てはいるものの目につくような製品は高機能化が進んだ結果として軒並み$400前後まで価格が上がっている一方で、$200以下の低価格帯の商品は個性がなく面白味に欠けるという状況でどうも中国産のモバイルプロジェクターも二極化が進んでいるのかなという印象です。

特に高価格帯の製品が一気に増えて華やかになった印象がありますが、中華製品にそれは求めてないのでもっと価格を抑えてくれという感想が正直なところです。元々中国国内向けの製品なので仕方ないのですが。。。

さて、そんな中で気になった製品を幾つか取り上げてみたいと思います。

続きを読む

【CPU】Pentium G4560は果たしてVRゲームに耐えられるのか(with VRカノジョ体験版)

前回のカスタムメイド3D2に続いてVRカノジョでも検証をしていきましょう。

tech.hylogics.com

VRカノジョは一体いつ発売になるんだろうと思ってたらいつの間にか製品版がリリースされていましたが、購入するにはILLUSION ONLINEへのクレジットカードの登録が必要だったので取り急ぎ体験版で検証することにします。

vrkanojo.com

続きを読む