TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【プロジェクター】UNIC UC50を三脚に固定する

(多分UC50を所持していない人にはぴんと来ない話だと思うので)そもそも何故こんなエントリを書いてるのかというところから説明すると、UC50に付属している三脚は同じく付属の吸盤と組み合わせてUC50をセットするようになっているのですが、この吸盤がUC50の底面にくっつかない仕様のためUC50はただ載せるだけになってしまっているのです。

tech.hylogics.com

それで何が問題があるのかというと、UC50自身が非常に軽いこともあって、設置位置や角度、フォーカスなどを調整しようとすると微妙に位置がズレてしまうし、HDMIケーブルを繋ぐとその重さでバランスを崩して倒れてしまうといったことがしばしばあります。実際何度かテーブルから落っこちました。

(上記の写真は撮影用にややオーバーな図になってます)

これはいかんということで、三脚とUC50を接続する治具でも作成しようかなあと思っていたのですが、わざわざ自作しなくてもAmazonにちょうど良い製品がありました。

何の変哲もないスマートフォン用のアダプタ。スマホを対象に使う時はたいして役に立たなさそうな背面のネジ穴こそが今回の要です。実際に買ってみました。

具体的にはこうやって使います。

この製品を見つけるまでは「スマートフォンホルダーって垂直に立てるし水平にして使いたいプロジェクターには向かないのでは?」などと考えていたのですが、そんなことはなかったですね。まるで専用品の様にぴったりです。

ついでにちょっと角度を変えて固定してみると、天井に投写して寝転がって鑑賞することも出来そうですね。

問題があるとすれば、USBやHDMIのポートと干渉しがちなので使い方によっては少し注意が必要かもしれません。

(USBポートと干渉しがち)

また、Amazonのレビューによるとアダプターのバネが壊れてスマホが固定出来なくなったという話もあります(そもそも安物なので頑丈さを期待してはいけない)ので気になる方はマジックテープやゴムバンドで固定するなどの工夫をしたほうがよさそうです。

おまけ

余談ですが、UC50の底面にこそくっつかない吸盤ですがモノによってはかなり強力にくっつきます。UC50の底面にくっつかないのはUC50の底面に問題があるんでしょう。この記事を書きながらなんとなくUC50の天板に貼り付けてみたところ外れなくなり、逆に天板が外れてしまいました。その後なんとか天板が壊れないように吸盤を外すことに成功しましたが、天板に吸盤をくっつけた状態のままで三脚だけ外して使えば(不格好ではありますが)運用上は問題はないのかもしれません。