読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【PCケース】2017年2月現在のスリムケース事情

前置き

元々自作PCで拡張性を犠牲にしがちなスリムケースをあえて選ぶという行為自体に中途半端な印象がありましたが、近年Mini-ITXの台頭により市場からスリムケースが押しやられつつあり、またRaspberry PiやMini-STXのDeskmini110が流行した結果として最近ではそもそもMicroATX以前にMiniITXでさえ大きいのではないかという風潮がある気がしています(個人的な感想です)

自作以外でもタブレットPCの基盤を流用したミニPCが増えていることもありますし、スリムPCはますます元気がない印象です。

そんな逆風の中ですが、ニッチとは言え需要があるのもまた事実。タブレットやミニPCには拡張性がほとんどありませんから、録画PCやファイルサーバなどでスリムケースを使いたい局面もあるかと思います。

今あえてスリムケースを選ぶとしたらどういう選定になるのでしょうか?

ATX

CoolerMaster Elite 361

メーカー CoolerMaster
製品名 Elite 361(型番:RC-361-KKN1-JP)
URL Cooler Master: Elite 361
寸法 幅 150mm x 高さ 368mm x 奥行き 464mm = 25.61L
ドライブベイ 3.5インチシャドウベイ:4個 5.25インチベイ:1個
拡張スロット フルハイト 7本
電源 付属電源なし。ATX電源

厳密に言えばスリムケースではない(フルハイトの拡張スロットが乗ります)ような気もしますが、ATXでこの小ささは魅力的。

今回はこれを基準にして、一辺が150mm以下のケースを考えていきたいと思います。

MicroATX

KEIAN KT-MB103

KEIAN PCケース 300W電源搭載 Micro ATX / ITXケース ブラック KT-MB103

KEIAN PCケース 300W電源搭載 Micro ATX / ITXケース ブラック KT-MB103

メーカー KEIAN
製品名 KT-MB103
URL KT-MB103 | 恵安株式会社
寸法 幅 103mm x 高さ 308mm x 奥行き 380mm = 12.06L
ドライブベイ 2.5インチベイ:2個 3.5インチベイ:1個 5.25インチベイ:1個
拡張スロット ロープロファイル 4本
電源 付属電源あり(300W)。SFX電源

品質を犠牲にしてでも安さを取りに行く印象のある恵安です。

本製品も例に漏れず電源付きで5000円を割る安さが魅力なのですが、恵安の電源の品質はお察しなので電源は交換することを前提に考えたほうが良いかもしれません。

それでもこの小ささ(何気に今回のラインナップで最も容積が小さい)でSFX電源というのが非常にありがたいので検討する余地は十分にあると思います。

Antec VSK2000-U3

メーカー Antec
製品名 Antec Value Solution Series VSK2000-U3
URL VSK2000-U3 | コンピュータ関連製品の代理店事業 l 株式会社リンクスインターナショナル
VSK2000-U3 - antec.com
寸法 幅 102mm x 高さ 338mm x 奥行き 356mm = 12.27L *1
ドライブベイ 2.5インチベイ:1個 3.5インチベイ:1個 5.25インチベイ:1個
拡張スロット ロープロファイル 4本
電源 付属電源なし。TFX電源

個人的に一番気になってるスリムケースなのですが、別途TFX電源を用意しないといけないのが辛いところです。TFX電源は殆ど選択肢がないので……。

IN WIN IW-CE685/300P

メーカー IN WIN
製品名 IW-CE685/300P
URL PCケース INWIN(インウィン) IW-CE685/300P CFD販売株式会社
寸法 幅 96mm x 高さ 334mm x 奥行き 404mm = 12.95L
ドライブベイ 2.5インチベイ:2個 3.5インチベイ:2個*2 5.25インチベイ:1個
拡張スロット ロープロファイル 4本
電源 付属電源あり(300W)。TFX電源

前述のVSK2000-U3とスペックはほぼ一緒だが3.5インチのオープンベイがあり、また80PLUS PLATINUM認定の電源を搭載している。この電源ユニット自体もAmazonで10000円程度で流通しているため、予算と好みで選択すると良いと思います。ただ、同じ電源を使うのなら価格と拡張性から考えてVSK2000-U3には厳しい戦いになりそうです。

また、電源ユニットの異なるIW-CE685/300Hという製品もあるようです。

他にもIN WINのスリムケースは幾つかあるのだけれど、いずれも製造が古くUSB3.0に対応していない(パーツの交換で3.0に対応出来るがそのパーツも流通してない)ため割愛します。

番外編

SilverStone Milo SST-ML03B

Silver Stone PCケース microATX スリムタイプ SST-ML03B

Silver Stone PCケース microATX スリムタイプ SST-ML03B

メーカー SilverStone
製品名 Milo SST-ML03B
URL SST-ML03B - SilverStone - マスタードシード株式会社
寸法 幅 440mm x 高さ 105mm x 奥行き 340mm = 15.71L
ドライブベイ 2.5インチベイ:1個 3.5インチベイ:2個 5.25インチベイ:1個
拡張スロット ロープロファイル 4本、フルハイト 1本
電源 付属電源なし。ATX電源

スリムケースというより一時期流行ったHTPCケースですね。縦置き出来ない=必然的に横置きになるため用途を選びます。ただ、このサイズでATX電源が載って3.5インチベイが2つあるというのが嬉しいです。

SilverStone Milo SST-ML04B

SilverStone MIRO PCケース HTPC MicroATX SST-ML04B

SilverStone MIRO PCケース HTPC MicroATX SST-ML04B

メーカー SilverStone
製品名 Milo SST-ML04B
URL SST-ML04B - SilverStone - マスタードシード株式会社
寸法 幅 440mm x 高さ 105mm x 奥行き 350mm = 16.17L
ドライブベイ 2.5インチベイ:1個 3.5インチベイ:2個 5.25インチベイ:1個
拡張スロット ロープロファイル 4本、フルハイト 1本
電源 付属電源なし。ATX電源

上記 SST-ML03Bのマイナーチェンジ版。フロントベイがロック付きのドアになっていて、すっきりした印象。

Mini-ITX】SilverStone Milo SST-ML08B-H

SilverStone Milo CASE Mini-ITX 縦横対応 ハンドル付 黒 SST-ML08B-H

SilverStone Milo CASE Mini-ITX 縦横対応 ハンドル付 黒 SST-ML08B-H

メーカー SilverStone
製品名 Milo SST-ML08B-H
URL SilverStone Technology Co., Ltd.製品紹介:ML08
寸法 幅 380mm x 高さ 87mm x 奥行き 370mm = 12.23L
ドライブベイ スリム光学ドライブ 1個 2.5インチベイ:2個もしくは3.5インチベイ:1個*3
拡張スロット フルハイト 2本 ((拡張13" (330mm)グラフィックスカード装着可能,幅の制限-4.78" (121mm)))
電源 付属電源なし。SFX/SFX-L電源

今回例外的にMini-ITXのケースです。なんとこのケース、Mini-ITXの癖にフルハイトのカードが乗るんですね。それでいて厚みが87 mmしかないんです。頭がおかしいんじゃないか……と思いましたが、この構造のケースはこの製品に留まらず

Mini-ITX】Fractal Design Node 202 [2017.03.23追記]

Fractal Design Node 202 Black Mini ITX対応PCケース CS5266 FD-CA-NODE-202-BK

Fractal Design Node 202 Black Mini ITX対応PCケース CS5266 FD-CA-NODE-202-BK

メーカー Fractal Design
製品名 Node 202(型番:FD-CA-NODE-202-BK)
URL Fractal Design
寸法 幅 377mm x 高さ 82mm x 奥行き 330mm = 10.2L
ドライブベイ 2.5インチベイ:2個
拡張スロット フルハイト 2本
電源 付属電源なし。SFX/SFX-L電源

こちらの製品もMini-ITXサイズながらフルハイトのグラボが乗ってしまいます。Fractal Design製ということもあってデザインや質感に優れ、インテリアとしても申し分ないですね。

さらに上記のML08B以上にコンパクトで厚さは82 mm、容量はわずか10.2 L!!

終わりに

ということで、今回はサブ機の組み換えに合わせてコンパクトなPCケースを再検討しているついでにこんな記事を書いてしまいました。調べてみたら本当に選択肢がほとんどなくて愕然としています。古いケースならまだしも、新しめの製品は本当にほぼMiniITX一色で、MicroATXが乗るものは全然ないですね。

MiniITXのケースは曲者で、拡張スロットが全然ない代わりに小さい(IN WIN CHOPINなど)か、拡張スロットがあるけどそれなりのサイズ(主にキューブ型、Thermaltake Core V1など)になるかの二択の印象です。つまり、ゲームはしないが拡張スロットは使いたいというニーズに対して応えてくれる製品がほとんどない。まぁ、そもそもMiniITXのマザーボード自体拡張スロットが1本とかですから仕方ないんですが。

今回、SST-ML08B-Hがとても刺さりました。持ち運び可能なゲーミングPCでLAN PARTYという話は国内でも10年前には伝え聞いていた気がしますが、それを極めるとこうなるのか、という感想です。また、ハンドルこそついてないもののNode 202も非常に訴求力が高くこのケースを使うためにMini-ITXマザーボードを買いたくなってしまいます(本末転倒感)

フルハイトの拡張カードが刺さりつつ厚みが100㎜を切るコンパクトな作りはとても魅力的なんですが、流石にメイン機のM/Bまで入れ替える気にはなれないので今回は見送りです。そもそもコンセプトが異なりますね。

個人的にAntec VSK2000-U3かIN WIN IW-CE685/300Pが気になっていたのですが、3.5インチHDDを2基積みたいことと個人的にTFX電源が信頼出来ないこともあってSST-ML03B/04Bにしてしまおうか悩んでいます。ただ、やっぱり縦置き出来ないのと幅が非常に大きいのが辛いところですね。幅440mmというのはミドルタワーの高さに匹敵するのでかなり置き場所を選びます。

そう考えるとKEIAN KT-MB103にSST-ST30SF V2とNV-SR303B辺りを積むという構成もありかもしれない。ちょっと判断が難しいところですね。

SilverStone SFX電源 300W 80PLUS BRONZE認証 SST-ST30SF V2【国内正規代理店品】

SilverStone SFX電源 300W 80PLUS BRONZE認証 SST-ST30SF V2【国内正規代理店品】

*1:代理店とメーカーで記載が異なるためメーカーのサイトから値を引用してます

*2:1個はオープンベイ、92mmまで

*3:装着された拡張カードに依存して1台の3.5"または2.5" 追加用スペース