読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【VR】RoboRecallがVRゲームの常識を再定義する

https://cdn2.unrealengine.com/Odin%2FHomeAssets%2FLocationSection%2Fscreenshots%2Fscreenshot1-min-1920x1080-ecb8d65c2a9a8b01d99b2e26802bcef82a22548b.jpg

Robo Recall

先行予約して購入したOculus Touchをずっと部屋に放置していたままだったんですが、つい先日ようやくセットアップしました。(その間に値下げしたことからは目を背けつつ)

操作が若干面倒そうだなあと思っていたんですが、(トラッキングエリア=Oculus Guardian Systemの設定こそ面倒くさかったものの)VR上で指を曲げたり手を握ったりという操作(ハンドトラッキング)はリアルでの動きと大して変わらないため自然に扱うことが出来てすぐに慣れました。

折角なのでOculus Touch対応のゲームを幾つか試してみたんですが、特にRoboRecallがぶっちぎりで素晴らしかった。

VRならではのアクション要素が多いのでゲームの区分はちょっと難しいです。強いて言うならVR-FPSということになるのでしょうか。

掴み、殴り、投げ、避け、撃つ。

銃弾を掴んで投げ返したり、ロボットの頭や手足を掴んで引きちぎったり、リボルバーの銃把で弾丸を跳ね返したり。銃弾の雨をマトリックスのように回避してみたり、強固なシールドを持つ敵の背後にテレポートしてショットガンで銃撃を浴びせてみたり。

どれだけ自由度があるゲームなのかは以下の動画を見て頂ければ判るかと。

非常に爽快なアクションゲームで、ハンドトラッキングを用いたVR体験の素晴らしさを存分に教えてくれます。特に「掴む」「投げる」という動作とフィーリングが重要なのは特にハンドトラッキングに優れたOculus Touchならではなのではないでしょうか。

結構派手に動く印象がありますが、胸から下の動作はほとんどないので慣れれば座ったままでもプレイ出来るのも良いですね。ただ、ヒートアップしすぎて周囲を殴らないようにだけ注意が必要かも。

キラータイトルに成りえるポテンシャルを持つコンテンツながら、なんとOculus Touchユーザなら無料。しかも開発環境も公開されているというおまけ付きで鼻血が出るレベル。

とりあえず最後までミッションはクリアしたのですが、武器の強化やチャレンジ(ミッション内のサブ目標)がまだまだ残ってるので先は長そうです。

個人的な感想としては確実にVRのステージが進んだなあという実感があり、これだけでもOculus Touchを買った価値があったのではないかとさえ思いました。