TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【プロジェクター】上海問屋から「メディアプレーヤー機能搭載 プロジェクター」が発売されたけど

https://www.donya.jp/donya_shelf/item/item33/2017-0330-2801-0.jpg

まず最初に言っておかないといけないのは、写真からも分かる通り光量が1500 ANSIルーメンには達しないだろう(1500ルーメンというのは恐らく中華プロジェクターで言うところの「ランプの明るさは1500ルーメン」であってANSIルーメンではなさそう)ということ。実物は100~150 ANSIルーメン程度だと思います。

ただ、それを含めてもこの価格帯のプロジェクターは遊び甲斐があると言うことはこのブログでも何度か取り上げてきました。

プロジェクター入門には良いと思うんですよね。

競合する商品は大体8000円~10000円くらいからで買えますが、並行輸入品なので本製品は国内のサポートが半年ついて1万円でお釣りが返ってくるということを考えると選択肢としては悪くないのかも。

https://www.donya.jp/donya_shelf/item/item33/2017-0330-2801-b.jpg

ただ、プロジェクターを使う都度スマホタブレットをケーブルで繋がないといけないのは結構面倒なのですよ。

PCと接続しても結局配線がゴチャゴチャしがちなので、個人的にはMiracast/AirPlayの使えるGM60A、更にKODIも使えるMileagea BL80Aなどをオススメしたい気もします(並行輸入品なのでサポートには注意です)。