TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【プロジェクター】持ち歩きに便利な軽量モバイルプロジェクター9選

前置き

ここでいうモバイルプロジェクターとは

DLPを採用しており、軽い/小さい/省電力に加えて基本的にバッテリーを内蔵しているため取り回しが容易なことが特徴。おまけにUSBポートからの給電に対応していればモバイルバッテリーに繋いで使えてしまう。外出先で使うのにうってつけではないだろうか。

他にも「外部デバイスへの給電」「AirPlay/Miracastによるワイヤレス接続対応」「Androidを搭載(デバイスを繋ぐ必要がない)」といった機能で差別化しておりユニークな製品が多いが、OEM品やコピー商品、並行輸入品などが溢れていて混沌としている。

今回プロジェクターを購入するに当たってモバイルプロジェクターも何十個か物色してみたので、その中でもAmazonで購入可能で500g以下の商品についてまとめることにする。

免責事項

調査をするにあたって元のデータがかなりのカオスで、バイヤーによって表記が変わったりカタログと食い違っていたりそもそも公式サイトが存在しないものなどが普通にあるため、以下のデータは幾つかのページを元に調査したものでありデータの信頼性には責任を持てませんソーリー。

これは買いかなと思った商品

まず、安価(〜20,000円)で軽量(〜200g)なもの。次の3つです。

UNIC UC50

  • 寸法:78 * 71 * 25 mm, 127g
  • 解像度:800 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:800lm
  • 消費電力:10W
  • バッテリー:1,500mAh
  • ワイヤレス接続:非対応
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:USB充電可能, SDカードスロットあり

安い/小さい/軽いの三拍子揃った一品だが、MiracastやAirplayといったワイヤレス接続には対応していない。SDカード対応。50ANSIルーメンとちょっと暗いのは気になるところ。

ちなみにUC50は50lm(カタログ値800lm), このあと紹介するE06Sは120lm, RP-MP1-PGは80lmです。

Flylinktech E06S

  • 寸法:130 * 60 * 20 mm, 146g
  • 解像度:854 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:120lm
  • 消費電力:10W
  • バッテリー:2,500mAh
  • ワイヤレス接続:Miracast/AirPlay
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:Android 4.2.2搭載, SDカードスロットあり

元々30,000円前後が相場のところ、現在セール中で2万円を切った。ワイヤレス接続はMiracastに対応しているがAirPlayは非対応。Android搭載かつSDカード対応。

[10/07 追記]

ワイヤレス接続はMiracastおよびAirPlayの双方に対応しているらしいです。

ラトックシステム RP-MP1-PG

  • 寸法:100 * 100 * 22 mm, 160g
  • 解像度:800 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:80lm
  • 消費電力:12W
  • バッテリー:2,000mAh
  • ワイヤレス接続:Miracast/Airplay
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:USB充電可能

HDP200のOEM品。Miracast/Airplayの両方に対応しているのが魅力的。本来40,000円近い品がピンクゴールドだけ約半値で投げ売り中。SDカード非対応。

ド定番

そこまで安くはないけど定番っぽい商品。

ASUS S1

  • 寸法:110.5 * 102 * 30.7 mm, 342g
  • 解像度:854 * 480(サポート解像度:不明)
  • 明るさ:200lm
  • 消費電力:32W
  • バッテリー:6,000mAh
  • ワイヤレス接続:非対応
  • 付属品:キャリングケース
  • 特記事項:USB給電可能

モバイルプロジェクターの先駆けとなった商品だと思われる。バッテリーが大きくモバイルバッテリーにもなるため、Fire TVやChromecastに給電しながらHDMIで接続という変則的な使い方も可能。200lmと明るいのも魅力的。

HDP200

※上記リンクは同じ製品の中でも最も評価の高かったもの

  • 寸法:100 * 100 * 22 mm, 160g
  • 解像度:800 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:80lm
  • 消費電力:12W
  • バッテリー:2,000mAh
  • ワイヤレス接続:Miracast/Airplay
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:USB充電可能 ※USBポートはデータ通信専用で充電は出来ないそうです※

色んなメーカーにOEM提供しており、これも定番の商品。その中でも前述のRP-MP1-PGだけ異様に安い……ピンクは不人気?

変わり種

RIF6 Cube

  • 寸法:50 * 48 * 50 mm, 136g
  • 解像度:854 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:50lm
  • 消費電力:不明
  • バッテリー:不明
  • ワイヤレス接続:非対応
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:USB充電可能, SDカードスロットあり

名前の通りキューブ型なので、フットプリントが非常に小さいのが特徴的。

Andoer M6

[asin:B019Q1D80C:detail]

  • 寸法:145 * 80 * 17.5 mm, 212g
  • 解像度:854 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:100lm
  • 消費電力:5W
  • バッテリー:4,000mAh
  • ワイヤレス接続:Miracast対応
  • 付属品:リモコン
  • 特記事項:Android 4.4.2搭載, SDカードスロットあり

HDMIポートがまさかの出力用なので注意が必要。思わず何度も確認してしまった。。。Miracastで接続するか、もしくは搭載しているAndroidから内部ストレージまたはUSBデバイスのファイルを投影する用途になるのだと思われる。

恐らく派生商品と思われるCACACOLのプロジェクターが出品されており、こちらは少し重い(212g → 250g)が、その分バッテリー容量が大きい(4,000mAh → 5,000mAh)

上記以外の商品

GP1S

※上記リンクは同じ製品の中でも最も評価の高かったもの

  • 寸法:130 * 80 * 20 mm, 281g
  • 解像度:800 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:80 ~ 100 lm
  • 消費電力:38W
  • バッテリー:2,500mAh
  • ワイヤレス接続:不明
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:USB充電可能

明るさ:500lmが群を抜いてるんだけど本当なんだろうか?(普段なら一笑に付すところなんだけど実は消費電力が高いのでもしかしてという気になってくる)

[10/06 追記] 海外サイトによると80~100 ANSI LMとのことで修正しました。

MDI M7

  • 寸法:110 * 95 * 21 mm, 231g
  • 解像度:854 * 480(サポート解像度:1080P)
  • 明るさ:50lm
  • 消費電力:15W
  • バッテリー:3,800mAh
  • ワイヤレス接続:Miracast/Airplay対応
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン
  • 特記事項:Android 4.4.2搭載, USB充電可能, SDカードスロットあり

Miracast/Airplay/Android搭載とワガママ詰め込んだらこんな感じになりました。という印象。地味に150lmあるのも一歩抜きん出ている。地味なんだけどバランスは取れている。。。

[10/06 追記] 海外サイトによると50 ANSI LMとのこと。ちょっと厳しい。

総括

AirPlayが使いたいならRP-MP1-PG, Miracastが使いたいならE06S, 安いのが良いならUC50でしょうか。UC50のHDMIポートにキャスト系のデバイスを差すという選択肢もありますね。