読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【作業ログ】 シリアルコンソール接続用のgrub2の設定変更をitamaeで実行する

Linux

KVM上に新しくVM作ったのでvirshから接続するためにシリアルコンソールの設定をする。毎回忘れるし面倒なのでitamaeのレシピにした。

環境

CentOS 7.2

前提条件

itamaeが導入されていること

レシピの用意

cat /etc/itamae/grub_config.rb

file "/etc/default/grub" do
  content 'GRUB_TIMEOUT=5
GRUB_DEFAULT=saved
GRUB_DISABLE_SUBMENU=true
GRUB_TERMINAL_OUTPUT="console"
GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=centos/root rd.lvm.lv=centos/swap rhgb quiet console=tty0 console=ttyS0,115200n8"
GRUB_TERMINAL="console serial"
GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"
GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"
'
end

execute "write grub.cfg" do
  command "cp -p /boot/grub2/grub.cfg{,.bk}"
  command "grub2-mkconfig > /boot/grub2/grub.cfg"
end

備考:grub-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfgだと何故か失敗するので標準出力からリダイレクトにしてます。

実行

# itamae local /etc/itamae/grub_config.rb
 INFO : Starting Itamae...
 INFO : Recipe: /etc/itamae/grub_config.rb
 INFO :   execute[write grub.cfg] executed will change from 'false' to 'true'

参考

CentOS7 grub2 serial console[備忘録] – docodemo conoha