TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【CPU】Pentium G4560の実用性をベンチマークの結果から考える【実機レビュー】

試しに組んだサブ機が快適なのでここ数日はすっかりそちらを使って生活してます。

とはいえ、メイン機を使わないのも勿体ないのでそろそろグラボを戻したいところです。せっかくなので最後にベンチマークを色々取ってみました。

以前のレビューで書いた「G4560でも十分ゲームはプレイ出来る性能」という内容の裏付け的な話になります。

環境

f:id:kirine:20170306033840p:plain

f:id:kirine:20170306033849p:plain

PCMARK8

HOME

SCORE: 3687, “Gaming PC"との比較は96.6%

f:id:kirine:20170308091440p:plain

f:id:kirine:20170308091828p:plain

Work

SCORE: 3283, “Gaming PC"との比較は97.4%

f:id:kirine:20170308091526p:plain

f:id:kirine:20170308091540p:plain

Creative

SCORE: 3975, “Gaming PC"との比較は91.4%

f:id:kirine:20170308091604p:plain

f:id:kirine:20170308091615p:plain

3DMARK Time Spy

SCORE: 3329, “Gaming PC"との比較は99%

f:id:kirine:20170308091639p:plain

VRMARK

SCORE: 5947(5000以上でVR Ready)

f:id:kirine:20170304001413p:plain

総論

懸念していた通り、やはりCPUに負荷を掛ける作業をするとボトルネックになりがちなのがPCMARK8 Creativeベンチの結果から見てとれます。

しかし3DMARK / VRMARK の結果からはG4560でもGTX 970程度であれば十分にGPUの性能を引き出すことに成功しており、GPUの足を引っ張るほどのパフォーマンス低下が発生せずゲームのプレイ上はほとんど影響がないことがわかります。

GTX 970は一世代前のGPUですが、現行世代のGPUだとGTX 1050 Ti / GTX 1050 / RX 470 / RX 460などがGTX 970より下のグレードになるのでG4560と組み合わせるのに都合が良さそうです。若干視野を広げてRX 480も含めても良いかもしれません。(CPUがボトルネックになっても性能が頭打ちになるわけではないので)

これらのGPUとの組み合わせであればG4560でも少し前までのゲームなら高画質で、最近のゲームでもやや設定を落とせば十分通用することが期待出来ると思います。

さて、実は先日GTX 1050 Tiが安売りしてたので衝動買いしてしまいました。

まだG4560+GTX 970で幾つか書くかもしれませんが、近いうちにG4560+GTX 1050 Tiの検証を進めていきたいと思います。

G4560関連記事