TECHLOGICS

HYLOGICS分室。作業メモやガジェットのレビューなど、主に技術系のエントリを取り扱います。

【プロジェクター】 E05 DLP ポケットプロジェクターを買った

少し前にE05という謎のモバイルプロジェクターが気になるという記事を書きましたが、結局我慢しきれずに買ってしまいました。

tech.hylogics.com

先に結論から言ってしまうと、良い機種だとは思うんですがかなりアクが強く使う人を選ぶかなあという印象です。

概要

割り切りの激しいモバイル特化プロジェクター

E05 DLP ポケットプロジェクター(以後、E05)は以前レビューしたUNIC UC50(以後、UC50)と同様、いわゆるモバイルプロジェクターとされる機種のうちのひとつです。

本機の特徴は以下の通りです。

  • 500ルーメン DLPプロジェクター
  • 解像度:854x480(約16:9)(サポート解像度:1080P)
  • バッテリー:3,000mAh
  • ワイヤレス接続:AirPlay, Miracastに対応
  • 付属品:ミニ三脚&リモコン&ハードケース
  • 特記事項:USB充電可能, MicroSDカードスロットあり, Android搭載

UC50が800ルーメンに対してE05は500ルーメンとなっておりスペック上は一見光量が少ないように見えるのですが、この辺りは実に中国製らしいというか一種のトラップが隠されていて、自称しているルーメン値ではなくANSIルーメンで比較すると実はUC50が50 ANSI lumensに対してE05は120 ANSI lumensと倍の明るさがあるのです。実際、UC50と比較してかなり明るく感じました。(詳細は後ほど)

また、本機は3,000mAhとUC50の倍のバッテリー容量を誇り、Androidを搭載。AirPlay, Miracastにも対応しておりUC50の弱点だった「暗い、バッテリー持たない、スマホタブレットに繋ぐのが面倒」といった課題を一気に解決しているのです。

ただ、ちょっとした落とし穴がありまして、、、

インプレッション

開梱

いきなりやる気のない外箱なのだなあと思ったのですが、

開封するとハードケースが出て来てびっくり。しかもこれ、防水です。

一式収納出来るようになってるので保管にも便利。

内容物は以下の通りです。

  • 本体
  • マニュアル
  • リモコン
  • 充電用MicorUSBケーブル
  • 充電用ACアダプタ
  • ミニ三脚

UC50には付属していなかったACアダプタがあるのも良いですね。ただ、マニュアルによると本来入力用のAVケーブルが付属しているようなことが書いてあるのですが、本品には封入されていませんでした。

こちらについてはマニュアルが間違ってる可能性もあるので販売元に確認中です。

[09/29追記]

サポートの人に確認取った結果、旧版ではAVケーブルが入っていたけど現在はケーブルが入ってないのが正しいとのことでした。その分でコストダウンしてるんだとか。マニュアルが古いせいで混乱させてごめんなさいとのこと。

寸法

外形寸法は80x80x25(mm)とUC50の78x71x25(mm)よりちょっとだけフットプリントが大きいですが大した差ではないですね。

重量は165gでUC50より40gほど重いです。UC50がiPhone 6と同程度、E05はiPhone 6 Plusと同程度でしょうか。

さて、続いて本体を見ていきましょう。

前面

プラスチック製でややチープだったUC50と異なり、本品は金属(ダイキャスト製なんだろうか?)で出来ており剛性を感じられる作りになっています。

ただ、レンズカバーは欲しかったかなあ。

右側面

電源ボタンとインジケータのLEDランプ。充電状況などがわかるようになっています。

左側面

フォーカスレバー。無段階です。

背面

本機のある意味一番の問題点がこれ。

HDMIやDVIの外部入力端子がありません。

カタログで確認しきれてなかった。。。気を取り直して見ていくと、I/FはMicroSDカード、USBx2(IN/OUT)、充電用のmicroUSB、オーディオジャックですね。

マニュアル読むまで気が付かなかったんですが、実はこの オーディオジャックがAV IN/AV OUT/Audio OUTを兼任(排他共有)というステキ仕様で、要するにHDMIの代わりにRCA経由で映像を入力することは出来るのです。が、その場合はオーディオ出力はUSBかBluetoothを使えということになります。まあ、RCAで映像を入力しつつオーディオは外部出力したいというケースのほうがある意味ニッチなのかもしれない……?

下部

下部にはUC50についてて欲しかった三脚穴が空いており、付属の三脚で固定することが出来ます。

UC50の場合は別途スマホホルダーを用意する必要があったので、荷物が一つ減るのは嬉しいですね。

tech.hylogics.com

リモコン

リモコンの電池は単4x2です。

本体に電源ボタン以外の操作ボタンは何もないのでリモコンが必須です。リモコンに関してはUC50のそれより一回り大きいのですが、そもそもUC50のリモコンはかなり使いづらかったのに対してE05のリモコンは結構使いやすいので好印象かも。

ただ赤外線の出力が弱いのか、反射させて使うのは少し厳しいかも。壁から2.5mほど離している状態で壁に向かってリモコンを操作しても反応がないことがしばしば。Bluetoothや無線式のエアマウスを使ったほうが良いかもしれません。

使用感

画面

UC50の解像度は800x480(サイトによっては854x480との記載も)、E05の解像度は854x480なのでまぁ似たようなものです。ただし前述した通り50 ANSI lumensと120 ANSI lumensということで明るさが全然違うわけです。

ということで一番気になっていたUC50との比較です。

上がUC50、下がE05です。E05のほうが発色が良い気もしますが、これだとちょっと判りづらかったので条件を変えて改めて比較してみます。

壁から2.5mほど離して壁一面に投写してみました。

UC50

E05

これはもう見た通り全然違います。UC50は大きな画面に投射すると画が潰れがちなのですがE05はくっきり映ります。

ちなみにE05は画質の設定が見当たらないのですが、UC50と違ってサイケデリックな発色をせず自然な映りなのでプリセットのままで特に問題になりませんでした。また、Androidの設定項目から画面サイズの調整が出来るのも良いですね。

スピーカー

UC50が1.0W x2(ただし充電時は音量は半分)、E05は2W x1です。音質はどちらもお察しで、音量に関してはE05のほうが鳴ります。が、やっぱり外部出力を使いましょう。

幸いE05はBluetoothに対応しているので配線の必要もないですね。私は以前も紹介したとおりSoundPEATS P3と組み合わせて使うことにします。

また、これは別途記事を書きたいのですが、手持ちのUSB-DAC(PCM2704)を繋いだところ普通に認識したのでTOSLINKからS/PDIFでアンプに繋いで5.1ch出力できるかもしれません。(今のところステレオプラグで音は出ましたが、TOSLINKはまだ実験していないので不明です)

総括

どうしても本機はUC50との比較になってしまうのですが、UC50と比較した際の特徴として

ダメな点

  • HDMI入力がない
  • ちょっと重くなった

良い点

  • AirPlay/MiraCast対応
  • Android搭載
  • 明るい
  • バッテリーの容量が倍
  • 三脚穴がある
  • USBポートが増えた

といった点が挙げられます。

HDMI入力不可ということはつまりゲーム機やBDプレイヤー、STBなどが使えないということでここをどう判断したら良いのかが鍵ですよね。

ただ、HDMI非対応といってもLW-22みたいに据え置きなわけではないですし、幸いAirPlayやMiraCastには対応しているのでPCやスマホタブレットから繋げることは可能です。

今回試しにiPhone6 Plusからニコニコ動画をAirPlayでキャストしてみましたが5GHzで接続できることもあり、特にコマ落ちしたりすることもなくスムーズに再生出来ました。

何よりもモバイル機でこの明るさは他には変えられないなあと思います。

以前モバイルプロジェクターの比較記事を書いた際にはカタログ上では150ルーメン、500ルーメンといった値が出て来たんですが実際調べてみるとせいぜい80〜100 ANSI lumens程度で、しかも値段は3〜4万とかするんですよね。

tech.hylogics.com

一番マシなのがASUS S1で、これは200 ANSI lumensで頭一歩抜けてるんだけどそれでも価格がやっぱり4万円弱からとちょっと厳しい。

そこに来ると本機は120 ANSI lumensありつつもお手頃価格、本体のみでAirPlay/MiraCast対応、Android搭載、ポータブルという用途に限ってみればバッテリーの容量倍というメリットも捨て難いです。

私みたいに外で使ったり実験に使うためのプロジェクターだからHDMIはなくても良いよ!という奇特な人にはオススメ出来るかもしれません。実際、NASやSDカード、USBメモリスマホ等から動画を再生するといった限定的な用途にはかなり良い感じなんです。

結構画面が明るいので据え置きでも使えるんじゃないかとさえ思うのですが、やっぱりそうなるとHDMIは欲しかった気はするなあ……。